Services

acquisition for Hawaii emmigration

ハワイ/アメリカ移住

ハワイ/アメリカ移住

M&A

M&A

ビザ取得

ビザ取得

迅速に、効率よく「ハワイ/アメリカ移住」という夢を果たすために。
M&AによるE2ビザ(投資家ビザ)取得という選択肢を、
私たちは強くおすすめします。
(私たちチームの詳細はページ中程にあります。ゆっくりとご覧ください。)

Program

What is the E2-Visa and Merit

ハワイ移住の理由 ハワイ移住の理由
E-2 VISA

そんな想いを抱くあなたに贈る

M&Aによる”E2ビザ(投資家ビザ)”取得の大きなメリット

短期でビザ取得を目指せる!!!

ご自身でゼロからビジネスを作っていく方法ももちろんあります。しかし、物件を決め、内装外装工事を行い、スタッフを雇って・・・と想像以上に時間がかかります。
しかもここは日本ではなく「ハワイ」です。全てのスピードが、日本よりもゆったりとしています。それはビジネスであっても。この準備期間の間に、ランニングコストは流出し続け、収入は0。そして準備期間が一体いつ終わるかはわからない・・・すでに存在するビジネスを買収すれば、上記のような問題を一気に解決することができます!
ここにM&Aに目を向ける大きな理由があります。

メリット1

短期でビザ取得を目指せる!!!

移住をするにあたって、多くの会社が勧める「EB-5(投資永住権)」ビザ。ハワイやアメリカへ移住する芸能人などが多く使用するのも、このEB-5ビザです。
多くの会社や団体が勧める一方で実は・・・
・EB-5で1億円近くを投資したにもかかわらず、永住権が取れなかった
・投資のリターンが返って来ない
というケースが稀ではないのです。
E2ビザ(投資家ビザ)は、ビジネスプランにもよりますがおよそ2500万~4000万円ほどの初期投資で済みます。そしてそこからは、あなたのビジネス手腕次第。
もちろんE2ビザも絶対に取得できるものではありませんが、あなたのビジネスの将来設計をアメリカ政府にきちんと見せることができれば、可能性は非常に大きくなります。自分のお金を完全に誰かに預けても永住権が取れない可能性を、私たちはオススメしません。

メリット1

短期でビザ取得を目指せる!!!

E2ビザは1回の交付による期限が5年と設定されています。
一部のビザでは有効期間が過ぎると更新ができないタイプのものもありますが、E2ビザはあなたのビジネスがしっかりとまわっていれば半永久的に更新が可能です。
またグリーンカード(永住権)への転換も可能なビザのひとつです。

メリット1

Knowledge

Knowledge is the key to success

っていましたか?

実は、お金さえあれば誰でもM&Aでビジネスを買えるわけではないのです。
(買えるには買えますが、”ビジネス=お金”ではないということをまず最初にお伝えしたいと思っています)
あなたは、見られています。
どこまで本気で、愛を持ってビジネスできるかを。

逆にそれを見せることができれば、初めての海外M&Aであったとしても圧倒的にハイレベルな人脈と繋がり、保有する自己資金が少なくかったとしても投資すら受けられる可能性もあります。

成功の鍵

売り手側も、あなたの「本気」を見ているのです。

あなたが仮にお金をたくさん持っていたとしても、「ハワイへ貢献する気がない」と見られた場合、誰もあなたを相手にしてはくれません。
しかし、もし仮にお金が少し足りなかったとしてもあなたの中に素晴らしいアイデアと、ハワイへ貢献する気持ちがあればハワイを愛する地元の人々はきっとあなたを受け入れてくれるはずです。
アロハスピリットを持つハワイアン達は、わかっているのです。一番大事なのは、お金ではなく「心」なのだと。

アメリカの市民権
アメリカの市民権

アメリカ(もちろんハワイを含む)は、日本人が通常想像する以上に「学歴社会」です。いい案件は、いい人の場所にしか集まりません。
だからこそ、【どのレベルの人とコンタクトを取れるのか】が非常に大きな要因となっています。
お金の工面の仕方、アイデアの作り方、そしてそれらの伝え方。
人の見方、人脈の作り方、そしてその守り方。
もちろん移民プログラムへ申し込むための詳細の手続きまで。
あなたのアイデアが「素晴らしい!」と判断されれば、彼らから「投資」をしてもらえるチャンスさえあるのです。
私たちも「本気」で、あなたのハワイ移住をサポートします。

まずはあなたのお気持ちを、
お聞かせください。

Our Team

Professional Emmigration Consulting

Jim Mayfield

Business Broker

Island Business & Commercial Brokerage 主宰。オバマ元大統領も卒業した全米トップスクールのひとつであるプナホウスクール卒業。アイビーリーグの一角・名門ダートマス大学卒業後、MBA(経営学修士)取得。Bank of Hawaii、First Hawaiian Bank などの各銀行でVIPクライアントを担当してきた元バンカー。これまでに培ってきたプレシャスな人脈の中で、様々なビジネスを紹介する。カスタマーファーストで行動する、素晴らしいアロハスピリットの持ち主。投資家として30年以上、M&A仲介として14年の経歴と持ち、ビジネスだけでなく商業不動産の紹介なども多岐に渡って行う。多数の移民法専門弁護士とも太いパイプを持つ。

Masashi Ueda

Total Support

慶應義塾大学経済学部卒業。株式会社TAC、有限責任監査法人トーマツ、産学連携機構九州(九大TLO)を経て、慶應義塾大学インキュベーションマネージャーとして起業支援に従事。【ビジネスやプロジェクトを始めたい人にとって、世界で一番ハードルの低い相談者】を目指している。目的達成までの様々な選択肢を提案しながら、粘り強くサポートすることが得意。細かなところにまで手が届く配慮がまわりからの信頼を強く受けている。本プロジェクトでは、スケジューリングや書類などの細部に渡るまで「抜けがないか、不安はどこか」といった最終的に最も大切となるパートをくまなくチェックし、みなさんをサポートします。

Keiko Yokota

Social Support

博士(社会福祉学・関西学院大学大学院社会学研究科)。2004年度フルブライト研究員プログラムフェローとして、California州 UC San Francisco(医学部国際保健プログラム)、UC Berkeley(ソーシャルワーク学部)に留学。同プログラム日本人フェローの選抜過程にも協力。大阪府立大学准教授を経て神戸女学院大学教授。また関西における外国籍住民の生活・医療支援を目的としてNPOを設立、運営に携わる。自身の母子留学経験から、「アメリカで仕事をしながら生活をする上での困りごと」を的確に把握し、みなさまの生活基盤が滞りなく立ち上がるだけでなく、その後の日常も安心・安全に運ぶようにサポートします。M&Aによる移住プランだけでなく、母子留学やその後の母子移住に関するご案内も可能です。

たちだから、できること。

どんなビジネスでも、探します。リストに載っていないことも

ビジネス案件を担当するJimとそのTeam(Island Business & Commercial Brokerage)は全米トップのブローカー組合に所属し、常に最新のビジネス案件リストを獲得しています。また「Jim、僕のビジネスもそろそろ売りたいんだけれど・・・」というローカルな付き合いだからこそ彼に相談してくる案件が山ほどあります。これはJimがハワイの有名銀行で融投資専門のバンカーとして活躍していたからこそ。ただブローカーをやっているのではありません。地元の人脈、情報、お金の流れ・・・全てを把握しているからこそ、あなたのご要望を最大に叶えることができます。

アメリカンクオリティの大胆さ+ジャパンクオリティの緻密さ

ビジネスブローカーの中には、自分の仲介手数料を上げることが主目的となり、実際に顧客がどんな悩みを持っているかは煙に巻いて、数字だけでビジネス売買を勧めるタイプの方も多いのが事実です。我々は、真摯にみなさんと向き合いたいと思っています。ダイナミックに進むアメリカンビジネスを上手に運転しながらも、細やかな視点にいつも気を配っていきます。

飛躍的にステップアップできるビジネス構築

アメリカでビジネスを始めるとなると、日本とは違う文化や環境の中で人を雇い、商品をアピールして、収益を上げる努力が必須です。何もかもが違う土壌なので、日本のやり方がそのままアメリカで通じるとは限りません。それがたとえ、日本人が多いハワイであっても、です。企業買収後も、ビジネスを成長させるお手伝いをさせていただきます。

ハワイでの教育事情も把握

「可能な限り、我が子にはよい教育を受けさせたい」。移住を機に、そう願うご両親も多くいらっしゃいます。ハワイの公立学校はアメリカ国内では決して高い教育レベルにありませんが、私立学校に目を向けると全米トップスクールがいくつか存在しています。我が子をハワイのプライベートスクールに通わせているスタッフもおりますので、教育に関してもアドバイスさせていただけるはずです。

 

実際に自分たちが経験したから、わかること。

まず最初にしなければならないアクションとは・・・

例えば、あなたはM&Aをする際、また実際にハワイで住居を借りる際に、「まず一番最初に必要なもの」が何なのか、きっとまだ把握できていないでしょう。これらのことを把握しておかなければ、他のことがどんなに先に進んでいたとしても何もアクションを起こせないのがアメリカの制度です。
そしてアメリカにとって「外国人」である私たちは、それらの【本当に必要なもの】を取得するのに場合によっては数週間〜数ヶ月かかってしまう可能性すらあるのです。その間に、もしかすると別の方にあなたが狙いをつけていたビジネスが買われてしまうことも・・・でも、大丈夫です。
私たちが、自分たちの移住経験をもとに「リスクを減らす、最も効率的なスケジュールの立て方」をお伝えします。

やっぱり人選びが一番大切

私たちは「ビジネス=数字」だと思っていません。必ず、気持ちは届きます。
ではどうやってその「気持ち」を届けることができるのか。それは「心」に反応してくれる人と関係を築くしか方法はありません。メールや電話だけではなく、直接会って、あなたの人となりを相手に理解してもらう必要があります。
ここが私たちが「数字ではない」と強くお伝えしたい理由なのです。あなたが相手を観察しているように、相手もあなたを観察しています。
直接的なファースト・コンタクトが、今後の成り行きを大きく変えてくれます。まずは相手、そして相手の文化を知るところから。

危険を察知する力

みんなが優しい人だったら・・・そう思うことはとても大切だと感じています。
でも、実際はそうでない場面に出くわさないといけないことも。
アンテナを張って、「どこに危険が潜んでいるか」「それは回避できるのか」「ある程度は飲み込んで、次に繋げていけるのか」をいつも一緒に考えていきましょう!
予想できることは可能な限り予想して、最善の策を立てるプランをご一緒します。

REASON

Why our services are selected

選ばれる7つの理由

 

Blog

ハワイ州外からの旅行者に対する14日間の自己隔離措置を8月末まで延長

【最新ニュース】 ハワイ州知事デヴィッド・イゲ氏は、 直近でハワイ州内の感染数が増えていること メインランド(アメリカ本土)のいくつかの州で感染拡大が急上昇していること 8月からの新学期スタートと、観 […]

最新:日本〜ハワイ フライト情報(20200711)

2020年7月11日現在、日本〜ハワイ間の定期便のフライトは、JAL、ANA、ハワイアン空港など全社で全便がストップしています。 ただ、JALが8月に羽田―ホノルル間の臨時便を4往復運航することが発表 […]

ハワイでの教育:抑えておきたい注意点

RIO淵江です。 先週にいただいたお問い合わせの中で多かった内容のひとつが、 「子供の教育のためにも移住を考えているんです!」 というものでした(3名いらっしゃいました)。   わかります、お気持ち。 […]

Price

私たちは、みなさんが安心して移住へ向けて進んでいくお手伝いをしたいので、
料金もすべて明朗にお伝えしたいと思っております。

ハワイ移住 応援キャンペーン

10月31日までに無料相談へお申し込みの場合に限り、下記内容にてご案内いたします。

日本語でのトータルコーディネイト
*日本国内/ハワイでの日本語サポート、ブローカーや弁護士との調整も含む

30万円

23万円

現地ハワイ法人設立

10万円

3万円

ビジネス売買手数料

売買価格の5%

現地ハワイ帯同通訳

時間や日数、案件数により相談

その他が必要な場合

応相談


ビジネス購入後の
継続コンサルティング

$2,000- /6months

$3,500- /1 year

$5,500- /2 years

上記弁護士費用など目安です。アメリカ国内の法律/経済状況、またはその他の要因によって変動しますことをご了承くださいませ。

Contact Us

下記のフォームから必要事項をご記入の上、送信ボタンを押してください。

*45分の無料スカイプ相談を承ります。






Office

Island Business & Commercial Brokerage

日本支局

マネージャー 上田将史

所在地:
神戸市中央区御幸通8-1-6
神戸国際会館22F

電話:
078-570-5774
(受付時間:平日9:00-18:00)

オアフ支局

所在地:
500 Ala Moana Blvd Suite 7400
Honolulu, HI 96813

電話:
+1 (808) 543-1105
(受付時間:平日9:00-17:00)